AGA(男性型脱毛症)のメカニズムと治療薬の種類

ヘアケア

成人男性に特徴的にみられる薄毛の原因である「AGA(男性型脱毛症)」は今や発症の原因が解明されており、様々な治療薬も開発されています。

本記事ではAGAがどのように引き起こされるのか、その原因について解説するとともに、対処法として治療薬の種類や特徴についてもご紹介したいと思います(`・ω・´)ゞ

AGAとは?

AGAは「AndroGenetic Alopecia」の略で、日本語では「男性型脱毛症」と訳されます。

薄毛で悩む男性のほとんどがこのAGAが原因と言われており、AGAを発症すると額の生え際(前頭部)や頭頂部のヘアサイクルが乱れ、毛髪が成長できなくなり、最終的には脱毛してしまいます。

AGAは進行性の脱毛症であるため、いったん発症すると適切な対策をしない限り症状は進行し、薄毛が目立つようになってしまいます。そのため、早期に適切なケアを施し、それ以上進行させないことが「薄毛」を回避する上で重要になります。

AGAが引き起こされるメカニズム

原因は男性ホルモンが変化した「DHT」

AGAは様々な要因・生体反応が複合的に絡み合って引き起こされますが、直接的に大きく影響するのが男性ホルモンである「テストステロン」です。

テストステロンは血液と一緒に全身をめぐっており、毛髪においては通常、将来毛髪になる毛母細胞の分裂を促進して成長を促す効果があります。

しかし、毛髪の成長をコントロールする「毛乳頭」内部、あるいはその周囲には「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素が存在しており、この酵素がテストステロンと結合すると「DHT(ジヒドロテストステロン)」が生まれます。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類が存在し、DHT産生にはⅡ型の関与が大きいと言われています。

そして、DHTが毛乳頭内の受容体と結合すると、毛母細胞の分裂を抑制する命令が発せられます。その結果、毛髪は十分に成長していないうちに退行期に遷移し、毛髪が抜ける&生えなくなってしまうのです。

DHTの作用

AGAによってヘアサイクルが乱れる

上で「退行期」や「ヘアサイクル」という言葉を使いましたが、毛髪の成長にはいくつかの段階があり、それらが循環していることからヘアサイクル(毛周期)と呼ばれています。

AGAが発症するとヘアサイクルのうち「成長期」が極端に短縮されるため、毛髪が細く短くなってしまいます。

● 成長期:毛髪が成長する期間(通常は2~6年間ほど)
● 退行期:毛乳頭の活動が弱まり、成長が止まる(2~3週間)
● 休止期:毛乳頭の活動が完全に止まり、古い毛髪は抜け落ちる(数か月間)

正常時のヘアサイクルAGA発症後のヘアサイクル
正常なヘアサイクルAGAによって乱されたヘアサイクル
正常な成長期を経た毛髪は太く長く成長する成長期が短縮されるため細く短い毛髪になり、最終的には脱毛する

AGAは遺伝が影響している?

上記メカニズムにおいて大きな要因である「5αリダクターゼ」や「DHT受容体」など、タンパク質の発現や分布には遺伝が大きく影響しているため、「AGAは遺伝」といっても過言ではないと思います。

そのため、どんなに健康的な生活をしていても「ハゲる人はハゲる」のです。

ただし、発症のタイミングや進行スピードは以下のような環境要因が関係している可能性も十分考えられます。

  • 喫煙
  • 偏食
  • 睡眠不足
  • ストレス

そもそも毛髪の成長は毛細血管からの栄養供給によって促進されますので、血流の低下や栄養不足を招く喫煙・偏食は少なくない影響を与えると考えられます。

また、睡眠不足やストレスによって体内のホルモンバランスが乱れ、AGAに拍車をかけるなどといったこともありえます。

逆に言うと、治療薬によってAGAの直接的な原因が緩和されたとしても、このような環境要因が残っていれば治療の効果が出にくくなってしまうことも考えられます。なので、治療の際は生活習慣にも注意を払って改善していくことが重要です。

AGA治療薬の種類

AGA治療薬は大きく分けると以下の2種類のタイプがあります。

① 脱毛を防ぐフィナステリド(またはデュタステリド)製剤

フィナステリド」および「デュタステリド」は薬の有効成分の名前で、これらの成分は5αリダクターゼがテストステロンと結合するのを阻害します

その結果、DHTの産生が抑えられ、乱れたヘアサイクルが改善して毛髪が太く長く成長できるようになるというわけです。

AGA治療薬の作用

デュタステリドの方が効果が高い!

フィナステリドは5αリダクターゼのⅡ型しか阻害しないのに対し、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型の両方とも阻害する効果があります。また、Ⅱ型を阻害する力もフィナステリドよりも強いことから、デュタステリドの方がDHT抑制効果は高いです。

ザガーロの製造元であるGSKの医薬品インタビューフォーム(※1)によると、デュタステリドはフィナステリドの約1.6倍の効果が臨床試験により確認されています。

※1:  医薬品インタビューフォーム:製薬会社が提供する薬剤師向けの医薬品解説書の一種
(参照:https://gskpro.com/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo-if.pdf)

このようにデュタステリドはAGAに対する効果が高いことから、その効果は「AGAの改善」と言われています。

一方、フィナステリドの効果は「AGAの進行遅延」とされていて、完全にAGAをストップさせることはできません。(もちろん、個人差はあります)

フィナステリドおよびデュタステリドの治療薬まとめ

フィナステリドおよびデュタステリドを有効成分とする治療薬の種類としては、以下のようなものがあります。

有効成分フィナステリドデュタステリド
新薬プロペシアザガーロ(アボダート、アボルブ)
ジェネリックフィンペシア、フィナロイドデュタボルブ、デュプロスト
特徴DHTの産生を抑え、脱毛を防ぐフィナステリドよりも約1.6倍の効果

② 発毛を促進するミノキシジル製剤

ミノキシジル」には血管拡張作用があり、頭皮の血流を改善して毛根への栄養供給を促す効果があります。

また、毛母細胞の分裂を活性化させる働きもあることから、休止期で止まっていたヘアサイクルが再び稼働し、発毛&成長が促進されます。

内服薬と外用薬の2タイプがある

ミノキシジルは内服薬のほか、患部(薄毛部位)に直接塗布しても発毛効果があるため外用薬も多く存在します。

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」においては、ミノキシジルの外用は「強く勧める」なのに対し、内服は「行うべきではない」とされています。

これは内服薬は体全体に影響を及ぼすことから、思わぬ副作用の危険性があることと、AGA治療薬としての十分な臨床実験が行われていないためです。日本だけでなく、どこの国でもAGA治療としては認められていないため、使用する場合は注意が必要です。

内服薬の副作用としては
● 血圧低下
● 頭痛
● 動機
などがあり、血圧が不安定な人や心臓疾患を持つ人は注意が必要です。

ただし、血圧降下剤としてのミノキシジルはFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されているため、正しく使用する分には問題ないです。

実際に、AGA専門のクリニックでも取り扱っているところは多く、健康上問題ない人には両方を処方することも多いみたいです。

ミノキシジルの治療薬まとめ

有効成分ミノキシジル
用法内服外用
新薬ロニテンロゲイン
ジェネリックミノキシジルタブレットリアップ、FRローション
特徴発毛を促進する。副作用の危険性があることから推奨はされていない。

発毛を促進する。患部に直接塗布するため、副作用が少ない。

どの治療薬を選べばいいの?

上述した2種類の治療薬はAGA改善へのアプローチが全く異なっています。そのため、両タイプの治療薬を組み合わせて使用するのが一般的です。

新薬とジェネリックについては、どちらも効果は同じなので価格や入手のしやすさで決めていいと思います。

AGA治療薬は以下の2種類を組み合わせて使用するのがポイント!

① フィナステリド製剤またはデュタステリド製剤
   ⇒プロペシアやザガーロ、またはそれらのジェネリック医薬品

② ミノキシジル製剤
   ⇒内服薬:ミノキシジルタブレット
   ⇒外用薬:FRローションやリアップなど様々な種類あり

AGA治療薬は通販がお得!

通販での購入を考えている方は、以下で具体的な商品の比較や各成分の特徴・副作用などについてもう少し詳細にご紹介していますのでご参考にしてください。

▼フィナステリド
>> プロペシアのジェネリック医薬品と通販価格一覧

▼デュタステリド
>> ザガーロのジェネリック医薬品と通販価格一覧

▼ミノキシジル
>> ミノキシジルのジェネリック医薬品と通販価格一覧

コメント