ジェネリック医薬品とは?安全性やメリットについて

ヘルスケア

薬をもらう際によく耳にすることが多くなった「ジェネリック医薬品」について、その詳細についてご存知でしょうか?

価格が安いから、勧められたからといった理由でなんとなく使ったことのある人もいるかと思います。また、元々服用していた薬がある人などは、ジェネリックへの変更に抵抗があるかもしれません。

本記事ではジェネリック医薬品とはどのようなものなのか、安全性やメリットはあるのか、などといったことについてご紹介したいと思います(`・ω・´)ゞ

ジェネリック医薬品とは?

クエスチョン

ジェネリック(generic)」と英語を使用しているため、日本人からしたら少し得体の知れない雰囲気を感じてしまうかもしれませんが、日本語では「後発医薬品」と呼ばれているお薬のことです。

薬局で処方せんを出したとき「ジェネリックにしますか?」と聞かれたことのある人も多いのではないでしょうか。

ある病気を治療するために開発された最初の医薬品のことを「新薬(または先発医薬品)」と呼ぶのですが、そのしばらく後に開発され、有効成分や効果、安全性が新薬と同等と認められた医薬品が「ジェネリック医薬品」なのです。

医薬品をざっくり分類すると以下のように分けられます。

医薬品の分類

ジェネリック医薬品の効果

効果

新薬と同じ有効成分が含まれているため、病気に対する効果も同じです。

また、品質や安全性などについても、様々な観点での審査が実施され、国(厚生労働省)の承認を得たのちに製造販売されているため、その安全性は保証されています。

審査項目内容
規格及び試験方法有効成分の含有量や剤形などの規格および試験方法が妥当か
安定性流通期間中に、温度や湿度によって品質が変わらないか
生物学的同等性新薬と比べ、有効成分が血中に入る速度と量が同等か

薬の有効成分って?

多くの薬は、からだにまったく新しい作用を引き起こすのではなく、もともとからだの中で起きている反応を促進したり、抑制したりすることで病気を改善します。

細胞には情報を受け取る「受容体」があり、そこに情報を伝える「伝達物質」が結合することで生体反応が起こります。この仕組みを利用して反応をコントロールするのが薬です。

伝達物質と同じ働きをして反応を促進するのは「作動薬」、伝達物質の邪魔をして反応を抑制するのは「拮抗薬」と呼ばれています。

薬が作用する仕組み

そして、まさにこの働きを担っている物質(上図で受容体と結合している物質)が「有効成分」なのです。そのため、薬の効果に直接的に関係してきます。

例えば2種類の薬があり、同じ病気を治す効果があったとしても、有効成分が異なれば効果の大きさや安全性、副作用などが異なってくるのです。

価格が安いのはどうして?

低価格

それは、新薬よりも開発費等のコストが抑えられるからです。

新薬の開発には数多くの試験を行う必要があるため、長い年月と膨大な費用がかかります。その代わり、特許期間中は独占的に販売することができます。

一方、ジェネリック医薬品の場合は新薬の特許期間(10年程度)が終了するまで発売できないものの、新薬ですでに有効性や安全性が確立された有効成分を使用するため、ずっと短い期間での開発が可能です。

また、開発費だけでなく、薬に関する各種情報提供の費用なども最小限にできるため、結果として価格を抑えることができるのです。

ジェネリック医薬品に替えるメリット

メリット

①新薬と比べて価格が安い

1つ目は、なんといっても新薬と比べて「価格が安い」ことです。価格が安いと私たちの負担が軽くなるので単純に嬉しいですよね。でもそれだけじゃないんです。

医療費は医療保険制度により、私たちが負担するのは一部で残りは保険や公費(つまり私たちの税金)から支払われています。

今、日本は高齢化社会ということもあり、医療費は年々増加して国家予算を圧迫しています。医療保険制度を健全に維持するためにも、医療費の削減は喫緊の課題であり、ジェネリック医薬品はその解決策として国から期待されているのです。

私たち個人にとってだけではなく、社会問題の解決にも寄与しているのですね。

②最新の技術により使いやすさが改善されている

そして2つ目は最新の製剤技術により「取り扱いやすさが改善されている」点です。

新薬発売から数年~十数年遅れて開発されるため、その間に進歩した製剤技術によって様々な工夫が付け加えられたものも多くなっています。

例えば、飲みやすさの工夫としては味の改良や錠剤の小型化、コーティングによる苦みの抑制などが挙げられます。

また、使用方法が特殊な薬などでは錠剤やシートへの表示に工夫がなされたりと、服用する対象者や医療関係者のニーズを考慮した配慮がなされています。

ジェネリック医薬品の改良例

さいごに

ジェネリック医薬品は安全で効果が保証された医薬品であり、私たち個人だけでなく社会にとっても多くのメリットがあるため、ぜひ活用してみてください!

コメント